外壁塗装は塗装業者で決まるものです

コーキングの劣化でネットで塗装業者に見積もり依頼

注文住宅で建築したマイホームも、10年過ぎると外壁に損傷を来すようになると言います。
自宅の外壁はサイディングを使っているのですが、色合いは若干薄れたもののそれほど損傷はひどくありませんでした。
しかし、サイディングの繋ぎ目に打ち込まれているコーキング剤が劣化している部分がかなりあり、紫外線の影響が起きていることが明確でした。
コーキング剤は触れるとふにゃふにゃになっているところもありますし、剥がれてしまっているところもあり、外壁塗装の必要性を感じさせるものです。
ネットを使って塗装業者を数社絞り込みして、見積もりの依頼をしました。
見積もりを依頼した業者は全部で4社で、依頼後すぐに見積もりを提出してきた業者もありますし、少し遅れて提出して来た業者もあるなど、スピードによる違いがあることがわかります。

母親の住まい。

外壁塗装の為足場を設置。

こんな近くで初めて見た✨ pic.twitter.com/ysma1CyWy4

— 残日録 (@kotajima1006) 2019年8月3日
工事一式などはありませんでしたが、見積もりの内容についても、細かさに違いがあることやトータルコストにも違いがあるなど、1社や2社だけで決めてしまうと相場もわからずに依頼してしまうのではないか、このように感じました。
選んだ塗装業者は、見積もり額が安いことや塗料のグレードに応じて見積もりを3種類作成してくれたこと、他にも営業マンが良い人で話もわかりやすい、わからない時にはわかるまで教えてくれる対応などが特徴です。

コーキングの劣化でネットで塗装業者に見積もり依頼 | 信頼できる業者に屋根と外壁の塗装を依頼 | 塗装完了後は雨を弾き飛ばす性能のある外壁に

外壁塗装外壁塗装 注意点まとめ